kishin 貴真

20221201

/OTHERSPHOTOGRAPH

eBayにはロマンがある

気になるオールドレンズの情報を検索して色々と読んでいる時に「eBayで購入した…」というものを時々見かけたので、今までは使ったことがなかったのだが、ちょっと覗いてみた。

eBayは想像していたよりも入札や購入のシステムが分かり易くてヤフオクと大差無く、表示言語も日本語にできるので特に謎な部分もなく使えた。とはいえ、やはり海外からの発送となるとどうしても送料が高くなり、安価なオールドレンズの場合にはモノ本体よりも送料の方が数倍以上も高いという状況も珍しくはないため、積極的に利用するつもりはなかったのだが、とりあえず気になっていた旧東独で製造された『PENTACON auto 50mm F1.8 MULTI COATING』というレンズを検索してみると、絞り動作に不具合はあるがそれ以外の状態は良好な品が3.00英ポンド(約500円)で出品されていた。

送料は12.00英ポンド(約2,000円)と安価に設定されていたのも意外だったので、物は試しとばかりに最大で合計3,500円程度になるように入札をしてみることにした。eBayでの初入札である。とはいえ、並品クラスのPENTACON 50mm F1.8の中古相場はだいたい6,000円~9,000円程度なので落札はできない想定での体験入札のつもりであった。

オークション終了時刻を過ぎてeBayを覗いてみると、送料込み20.00英ポンド(約3,400円)であっけなく落札してしまっていた。このレンズをこの値段で入手できたのはビギナーズラックだろうか、或いは、このレンズ特有のやっかいな絞り機構のトラブルを毛嫌いして入札を控えた人が多かったのかは分からないが、もし絞りを修理して使えるのならかなり安い買い物となる。

ここからはちょっとワクワクした。
初めてeBayを使ったのだが、ちょっと考えてみると地球の裏側みたいなところから200g足らずの小さなレンズが旅してくるのはロマンがある。発送はイギリスの左下端のMount Ambrose Post Officeからで、2週間ほどで到着する予定で発送された。

翌日配送なども珍しくはない昨今にあって、到着まで半月ほども待つというのは逆に新鮮で、その間、少しずつ変化するRoyal Mailのトラッキングを眺めながら日々楽しむことができた。

予定よりも早く、落札から10日後にUKから海を越えてきたレンズが手元に届いた。
長旅、お疲れさま。

早速、厳重なプチプチ梱包を解いて手に取ってみると外観の状態は使用感もほぼ無くてかなりの美品。光学も前後玉のフチに薄いカビ跡が残っている程度で微細な埃の混入のみ。これはレンズを取り出して清掃すれば容易にクリアにできるレベルなので問題無い。絞り羽は商品説明の通りで動作せずに開放状態のまま。総じて満足度の高いレンズでよかった。

このPENTACONの場合、絞りトラブルの原因は主に2パターンあるという。ひとつは他の大抵のレンズでも起こり得る油染みによる絞り羽の粘りによるもので、もうひとつはこのレンズの絞り機構周りの設計に起因するもので、絞り環を回して絞り羽を開閉する機構内にあるレバーが変形して動作不良が発生するというもの。前者であれば、絞り羽を分解して適切にクリーニングしてしまえば容易に改善するが、後者の場合にはレバーを元の形状に戻さないとならないのでおそらくは厄介であろう。

私が入手したPENTACONはどちらだろうかと、マウント部を分解して確認してみるとレバーの変形は見られず、6枚ある絞り羽が油染みで互いにくっついてしまい動作不良を引き起こしていることが分かった。原因が分かってしまえば後は簡単だ。前玉ユニットをゴソッと取り外して絞り機構にアクセスし、工程を撮影して記録しつつ、絞り羽を取り出して無水エタノールで洗浄してから一枚々々丁寧に汚れを拭き取り、元の状態に組み戻した。

この工程で見落としがちなのは、絞り羽の抑えプレートを元に戻す際に、3箇所をネジで締め付けるのだが、これを “外した時と同じ位置で締める” ことが必要である。上の左側の写真を見て分かる通りネジは長方形の穴に対して片方に少し寄って締め付けてあるのだが、これを長方形の中央や逆側に偏った位置で締め付けてしまうと抑えプレートが初期値に比べて微妙に回転した状態となる → 結果、各絞り値での絞り羽の開き具合が変わってしまうことで光量も適正ではなくなってしまうので、ネジを外す前には初期状態の記録写真を撮っておくのが良いだろう。

簡単な修理作業だったが結果は素晴らしく、絞り羽が見違えるようにシャキシャキと動くようになった。このPENTACONの絞りはAutoモードとManualモードが選択できるが、どちらのモードにしても問題なく動作するように改善できた。

このレンズは、焦点距離50mmの単焦点レンズとしては珍しく0.33mまで寄れるので簡易マクロ的な使い方もできるため、お散歩レンズとしてこれ1本だけで出かけるのにも重宝しそうで楽しみにしている。

初めて使ったeBayだったが、結果としてとてもお値打ちな買い物ができて幸運だった。今まではイギリスの光景を眺めて過ごしていたPENTACON氏だが、これからしばらくはジパングの景色に触れながら遠い祖国ドイツを夢見るだろう。

Twitter
Instagram