kishin 貴真

20210823

/PHOTOGRAPH

Kenko MC SOFT 85mmを楽しんでみる

Nikon Df:Kenko MC SOFT 85mm F2.5 + Kenko Black Mist No.05:ISO100 f3.2 1/2500

今日もか、またか、と雨の日が続いて続いて続いたあとの晴れ間は有難く、早速、Kenko MC SOFT 85mm F2.5を装着したNikon Dfを携えて暖かい日差しの中へ飛び出してみた。

先日、マウントの調整を済ませておいたKenko MC SOFT 85mm F2.5。実は85mmという画角のレンズは初めてで、そういう意味でもこのレンズを使うのを楽しみにしていた。

絞りの具合でソフト効果を調整するが、開放の2.5から2.8/3.2/3.5/4…それぞれに強めのクリック感があってとても操作しやすい。MC SOFT 45mmは無段階絞りでクリック感無しなので、ちょっと指が当たって絞りが変わってしまうことも多々あって煩わしいので、85mmの仕様の方が扱いやすい。

ソフト効果がかかった状態でのピント合わせは思ったほど難しくはなく、Nikon Dfのファインダーなら問題はなかった。85mmの画角では被写体が大きい場合が多いというのも理由だろう。逆に、フォーカスエイドに頼ると焦点位置が微妙にズレるので、完全に自分の眼を信じた方が狙ったところにピンが来ることが分かった。

こうなると、当然、一枚撮影するのにとても時間がかかる。
それが楽しい。すごくマニュアルフォーカス。

Nikon Df:Kenko MC SOFT 85mm F2.5 + Kenko Black Mist No.05:ISO100 f3.5 1/500

程よく芯が残りながらも、柔らかい雰囲気で切り取るというレンズのコンセプトには、背景が整理できる85mmという画角はかなり都合が良いことがすぐに分かった。
MC SOFT 45mmでは色々と写り込んでしまうので使い所がなかなか難しいと感じていたのだが、MC SOFT 85mmは早くもかなりお気に入りのレンズになりそうな予感がしている。

Nikon Df:Kenko MC SOFT 85mm F2.5 + Kenko Black Mist No.05:ISO100 f3.2 1/4000

何気ない被写体でもやわらかな情景に変えてくれるちょっとした魔法のようなレンズ。

Nikon Df:Kenko MC SOFT 85mm F2.5 + Kenko Black Mist No.05:ISO100 f3.2 1/1000

最短撮影距離が65cm程度と長いので、もうちょっと寄りたいと感じる場面もあったので、次は、マクロ・テレコンを装着して遊んでみたいと思う。また、長時間露光で、空や海を柔らかいグラデーションで流す試みなんかも面白い画が撮れそう。

今年の夏はまだ夜な夜な星景撮影に出掛けたりもできていないので、これからの晴れの日に期待して、多分にクセのあるソフトレンズを使いこなせるように多用してみたいと思う。